スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年06月30日

エンジニアとはこんな仕事

エンジニアとはこんな仕事

ソフトウェアの柱をシステムエンジニアからの指示を元にプログラムを構築していく仕事
一度ソフトをプログラミングして終わりでは無く正しく動作するか使い易いかなど
何度も手直しをするなどを綿密さと根気が必要な仕事である

収入は経験やスキルによって変わるが20~70万円位
技術を磨けば高収入も現実的に。

エンジニアになるためにする事は・・・
工業系の大学や専門学校を出て基礎的な事を習得済みの方が
有利で柔軟な発想力も必要とする
  


2008年06月30日

5月の完全失業率は2ヶ月同じ

総務省が27日発表した5月の完全失業率(季節調整値)は、前月と同じ4・0%だった。
4%台は2カ月連続。総務省は「改善は足踏みという判断は変えていない」としている。
 
【有効求人倍率は悪化】
厚生労働省が同日発表した求職者1人に対する求人数を示す5月の有効求人倍率(同)は、前月比0・01ポイント低下の0・92倍で、4カ月連続で悪化した。

原材料高などを背景に中小企業で採用を抑える動きは続いているが、都市部では人手不足感もあり、失業率は横ばいだった。民間エコノミストは「当面、4%付近での推移が続く」と予想している。

 男女別の失業率は、男性が0・2ポイント上昇の4・2%、女性が0・2ポイント低下の3・7%だった。完全失業者数は前年同月比12万人増の270万人だった。

 都道府県別の有効求人倍率は、最も高いのが愛知県で1・80倍。最も低いのは沖縄県で、0・41倍だった。
(共同)

中々景気が良くならない、景気がよくなら無ければ仕事も無いつまり転職口も少ないという事

  
タグ :転職仕事


Posted by mekon at 03:44エンジニアの転職情報

2008年06月27日

エンジニアの職務経歴書の書き方

エンジニアの職務経歴書の書き方
エンジニアの転職市場はこれからも拡大していくことが予想されます。
企業側は、優秀な人材を採用するために採用活動を活発に行っています。
したがって、企業の採用担当者は多くの履歴書・職務経歴書を目にしまた面接も行っています。

履歴書・職務経歴書による書類選考は採用試験の第一歩です。
これに通過しなければ面接の機会すら与えられません。
応募書類、特に職務経歴書はしっかりと書き込まなくてはいけません。
  続きを読む


Posted by mekon at 00:53エンジニアの転職情報

2008年06月24日

転職はキャリアアップになるのか?

転職はキャリアアップになるのか?

テレビや雑誌の広告で転職するとキャリアアップになるという宣伝広告が目立ちます
では本当に転職でキャリアアップになるのでしょうか?

はっきり言うと人によって異なります。ケースバイケースです。

全く違う業種に転職してしまうと、キャリアアップどころか、これまで身につけてきたスキル・知識が無駄になってしまいます。

エンジニアなら 一昔まえは転職が不利になる時代でしたが現代は専門知識を持つ人材が求められているので、専門知識のある人がその専門分野に転職すればキャリアアップになります。

更にスキルアップにもつながることになり転職に成功したと言えるのではないでしょうか。
  


Posted by mekon at 20:27転職について

2008年06月11日

インターネット業界への不安で離職率について

インターネット業界への不安で離職率について

インターネット業界は離職率が低いことで有名です。この傾向は大手を中心に年々強まっており、エンジニア部門に限ると離職率が2~3%の企業もあります。これは勤務条件が年々見直されてきて、働きやすい環境が整備されてきている証といえるでしょう

収入に関してもエンジニアが転職した場合、体的な給与水準は決して低くないと思います。
仮に転職時点ではほぼ横ばいだったとしても、実績を残すことで2年目以降の大幅アップを勝ち取っている人は多いですし、ストックオプションなどの制度もありますので、収入についてはそれほど心配する必要はないでしょう。

また残業時間についてですが、イメージ的に多い様に思われますが新規サービス開始前などは長時間労働が続くこともあっても、日常的な残業時間が他業種と比べて特別に多いということはないでしょう。

コンプライアンス(法令遵守)の動きが加速する中で労働条件を見直す企業も増えていますので、残業時間についても今後さらに緩和されていくと思います。  


Posted by mekon at 16:57エンジニアの転職情報

2008年06月02日

転職や就職における面接の心得3か条

転職や就職における面接の心得3か条

面接の心得3か条

1.「同じ理由で辞めてしまうのではないか」と感じさせない
 退職理由は、基本的には「今の会社ではできないことを転職によって実現させたい」という前向きな内容がベスト。
企業が転職理由を聞くのは、不満があればすぐに辞めてしまう人材なのか、測りたいという意味合いが大きい。だから、応募先の会社がいかに自分の志向やキャリアプランにマッチしているか、そこでどんなことを実現したいのか具体的に語れることが重要になる。
  続きを読む


Posted by mekon at 08:41面接について

2008年06月02日

転職先が見つからない

条件や待遇、就業場所なども妥協して選んでいるが転職が見つからない

『会社に対しての条件や待遇、就業場所なども妥協して選んでいるが見つからない場合はどのようにしたら良いのでしょうか』

この様な悩みをどう解決すれば良いのでしょうか。


比較的入りやすいと言われる新卒採用での就職活動をしている新卒の学生さんたちでも、平均20社以上の企業を受けているようです

一度入社をした会社を辞め新たな会社に就職するのですから最低限として学生の倍以上は受ける気持ちと努力が必要だと思います。

  続きを読む


Posted by mekon at 08:39転職について

2008年06月02日

新しい職場に対しての不安の解消法

新しい職場に対しての不安の解消法

新しい会社に転職が決まった途端考えてしまう事は会社の人たちと仲良くできるか、不安になったりイジメやシカトされないか、仕事を覚えるまでの時間を気にしたり、またミスしちゃったらどうしよう、というような事を出勤前から心配して不安になる人が多くいます

しかしそれは考えても無駄です。転職して時間が経って慣れれば問題ない・・・と分かっていながらも不安で仕方ありません不安な気持ちを解消するにはアナタならどうしますか?

  続きを読む


Posted by mekon at 08:28新しい職場で

2008年06月02日

転職活動中の時間の使い方

転職活動中の時間の使い方、過ごし方について

転職活動をしている時に、アナタは何をしていますか?

特に何もしていない方や次の就職先の資料を集めている方、色々だと思います。

働いている間はなかなか時間がとれないので普段会えない遠くの友人に会いにも行く事も良い気分転換になりますよ。

就活中は気分が滅入ることもあるので、旅行などはいいクッションになりますね。

また規則正しい生活をしていると、自然と気持ちも上向いてくるので転職直前にオススメです。
  


Posted by mekon at 08:18転職について

2008年06月01日

他業種から介護職に転職する場合について

他業種から介護職に転職する場合について

事務職などから介護職に転職する場合前職の経験により給与などは?

転職する場合には、やはり収入の事は結構気になると思います。
介護職員・ヘルパー等で採用されている方は一般的に経験年数などは考慮されないようです。
特養は非正規雇用になっていますので昇給なども一定額で打ち止めが多いです(役職手当などは除く) 退職金制度もこの業界では大半は無いようです。

収入は仕事の内容の割には低く本当に気持ちが無いと出来ない仕事です。
介護の資格の有る無しで採用かそうで無いかの問題はありますが無資格でも受け入れてくれる所はありますのでそれから資格取得を考えても遅くはないです。

またへルパーをやりながら、介護福祉士をとるか、初めから学校で福祉士をとる等の選択は個人による所ではないでしょうか。
エンジニアなら  


Posted by mekon at 05:40転職について

2008年06月01日

転職活動をしているが一向に決まらない場合は?

転職活動をしているが一向に決まらない場合は?

ハローワーク・リクナビ・DODA・en・地元求人誌2~3社を情報元に転職活動をしていても一向に決まらない場合はどうしたら良いのでしょうか?

◆条件や待遇、就業場所なども妥協して選んでいるが見つからない
◆ハローワークの人に相談すると前職を生かさないと厳しいと言われる等
  続きを読む


Posted by mekon at 05:39転職について

2008年06月01日

転職先の良い探し方

転職先の良い探し方

転職エージェントに登録した方が良いと思います
上場企業であれば「有価証券報告書」をみれば平均勤続年数が必ず記載されています。
(会社のHPのIR情報などから)

離職率が高い(平均勤続年数が短い)会社はやはり会社自身に何かしらの問題があると考え、そのような会社は避けましょう。同様の理由で従業員の平均年齢が著しく低いところも避けた方が良いでしょう。
また検索エンジンでネット検索する方法もありますね、OO会社の評判や口コミなどを探してみては。   続きを読む


Posted by mekon at 05:38転職先の良い探し方

2008年06月01日

転職回数が多いと次の就職の採用に影響があるのか?

転職回数が多いと次の就職の採用に影響があるのか?

面接官は何故離職した理由を重要視すると思います
採用しても直ぐにやめられては困るからです。
その時に前の会社の不平や不満を並べるのではなく
あくまで自己都合といった理由で辞めた事にする事が
大人としても社会人としての対応です
  続きを読む


Posted by mekon at 05:34新しい職場で

2008年06月01日

エンジニアの転職情報、求人情報について

エンジニアの転職情報、求人情報について

ここ数年の自動車業界の好調の影響か、エンジニアに対する求人は増え続けている。求人雑誌、転職サイト、人材紹介会社、ハローワーク等の様々な媒体で季節を問わずエンジニアの求人情報を見かけることが出来る。その中から自分に合った求人を慎重に探さねばならない。膨大な情報を分析するのは骨が折れるなら効率の良い方法を見つけて、良い求人情報を見つけ出すことから応募が始まる

エンジニアが転職する場合便利なのが登録型の人材紹介会社が良いだろう。

専門的なスキルとそれを生かせる仕事の紹介を行っていてエンジニアの求人案件も雑誌やネットなどに載っていないものもあり多くの求人情報から選び自分の希望する転職ができる

  続きを読む


Posted by mekon at 05:32エンジニアの転職情報

2008年06月01日

エンジニアの転職の流れ

エンジニアの転職の流れ

転職の流れ

1)人材紹介会社や転職先に提出する書類を書く。

自分のスキル・キャリアに自信があっても、それを担当者に伝えなければ書類選考で落とされてしまう。書類の限られたスペースで、自分をアピールする

2)エンジニアの面接試験

面接だけ行うところもあれば、面接と同時に筆記試験を行う企業がある。大規模なエンジニアの求人で応募者が多い場合は、面接の前の足切りとして筆記試験を行う事もある
  続きを読む


Posted by mekon at 05:29転職について