2008年06月01日

エンジニアの転職の流れ

エンジニアの転職の流れ

転職の流れ

1)人材紹介会社や転職先に提出する書類を書く。

自分のスキル・キャリアに自信があっても、それを担当者に伝えなければ書類選考で落とされてしまう。書類の限られたスペースで、自分をアピールする

2)エンジニアの面接試験

面接だけ行うところもあれば、面接と同時に筆記試験を行う企業がある。大規模なエンジニアの求人で応募者が多い場合は、面接の前の足切りとして筆記試験を行う事もある

3)転職先に内定

エンジニアの転職で応募先で採用が決まると、雇用条件とともに内定通知を書面で貰うことになる。
内定通知が届いたら、まずは折り返して連絡をする。入社するつもりでも返答がないために辞退と思われる事がある。連絡は電話で行い、担当者に直接意思を伝えるのが最も確実な方法だろう
4)退社について
退職願いはいきなり提出するのではなく、まずは上司に退職の意思を伝える。「転職の意思はもう固まっている」ことを明示し、意思に変更が無い事を伝える。退職は円満に行うべきで、可能ならば3ヶ月前、最低でも1ヶ月半前には意思表示を行いたい。





同じカテゴリー(転職について)の記事
 転職はキャリアアップになるのか? (2008-06-24 20:27)
 転職先が見つからない (2008-06-02 08:39)
 転職活動中の時間の使い方 (2008-06-02 08:18)
 他業種から介護職に転職する場合について (2008-06-01 05:40)
 転職活動をしているが一向に決まらない場合は? (2008-06-01 05:39)


削除
エンジニアの転職の流れ