2008年06月01日

転職回数が多いと次の就職の採用に影響があるのか?

転職回数が多いと次の就職の採用に影響があるのか?

面接官は何故離職した理由を重要視すると思います
採用しても直ぐにやめられては困るからです。
その時に前の会社の不平や不満を並べるのではなく
あくまで自己都合といった理由で辞めた事にする事が
大人としても社会人としての対応です

企業の採用の基準は離職の回数ではなく、その人材の持っているスキル
ではないでしょうか。

この人は会社が求めている職種や部署に入って
やっていけるのかどうかを見ているのだと思いますので、
転職回数を気にするよりも自身の持っている能力のアピールの仕方を
考えた方が良いのではないでしょうか。

例えば過去に複数の転職暦がある場合、面接で細かく突っ込まれてしまうので、
それをマイナスだと感じてしまう人も多いかと思います。

転職を繰り返す人に対しては企業側も警戒心が働いてしまうという一面も確かにあります。

しかし、そこを短所と捕らえるか武器と捕らえるかは本人次第になります。
転職経験が多いということは様々な職場で多様なスキルを身につけているはずですし、
環境変化に対応する能力が高いことの証明にもなります。

自分の現状を悲観的に捕らえずに武器としてPRしていくことを考えることが転職成功の第一歩になります。





同じカテゴリー(新しい職場で)の記事
 新しい職場に対しての不安の解消法 (2008-06-02 08:28)


削除
転職回数が多いと次の就職の採用に影響があるのか?